医薬翻訳サービス

薬理学、生化学、統計学に精通した翻訳士が対応いたします

listenはactive (アクティブ=能動)で、hearはpassive (パッシブ=受動)

 listenは、意図的になにかを聴き取ろうとして意識を集中している状態。 hearは自然となにかが聞こえてくる状態。つまり、listenはactive (アクティブ=能動)で、hearはpassive (パッシブ=受動)の状態なのである。

・I listened to the music.
 音楽を聴きました。

・l heard music.
 音楽が流れているのが聞こえた。

鑑賞したのならlisten。偶然耳にしたのならhearを使う。

・l heard someone scream.
 誰かの叫び声が聞こえた。

・I listened to someone scream.
 誰かの叫び声をじっくりと聴いた。

 叫び声がいやでも耳に入ってきたのならhear。これをlistenにしてしまうと、あたかもそれをじっくり聴いて楽しんでいたかのような口ぶりになってしまう。

 また、「(噂などを)耳にする」という場合も、自分から積極的に知ろうとしたわけではないのだからhearを使い、I heard a lot about you. (お噂はよく伺っております)など

と言うことができる。

 では、ラジオはどちらを使うべきか。

・l heard the news on the radio.
 そのニュースはラジオで聞きました。

’I listened to the radio for the weather report.
 天気予報が知りたくてラジオを聴いた。

 ラジオを聞いていて、たまたまそのニュースを耳にしたのならhearを使う。天気予報を聞く目的で、わざわざラジオを聴いたのならlistenを使う。

声の大きさや聴力の問題の場合はhearを使う。
゜Can you hear me?
 聞こえますか。

・ Would you listen to me?
 ちゃんと私の言うことを聞いて。

・ I'm sorry. l couldn't hear you・
 すみません。聞こえませんでした。

・ I'm sorry. l wasn't listening・
 すみません。聞いていませんでした。

 「(英語の)ヒヤリングは苦手です」と言うっもりでMy hearing is poor.と言ってしまうとバツ。これでは「耳がよくないんです」となり、意味が違ってきてしまう。この場合正解はMy listening skill is poor.

『その英語、ネイティブにはこう聞こえます』 David A. Thayne