医薬翻訳サービス

薬理学、生化学、統計学に精通した翻訳士が対応いたします

経口抗アレルギー剤(リザベン、ザジテン、アゼプチン、セルテクト、ロメット、ペミラストン、アレギサールなど)

 

 

 インタールと同様な効果を狙い、アレルギー反応を途中でブロックすることを目的にしたくすりですが、吸入剤ではなくのみぐすり(経口薬)であることが特徴です。現在使われている抗アレルギー剤としては、リザベン、ザジテン、アゼプチン、セルテクト、ロメット、ペミラストン、アレギサールなどがあり、現在も開発中のこの仲間のくすりがいくつかあるようです。

 ぜんそくにたいする効果だけをみると、インタールに比較して弱いということがいえます。しかし、アトピー性皮膚炎や、アレルギー性鼻炎、アレルギー性結膜炎などにも有効性があるので、ぜんそく以外のアレルギー症状がある人にはとくに便利です。

 効果はすぐにはでてきません。発作の頻度などで効果を判定してみると、およそ1ヵ月使った人たちのグループのほうが、使わなかった人たちのグループよりも症状がややよくなっていますが、効き方には個人差がかなりあるので、長い目でみてこのくすりを使っていくかどうかを考えていかなくてはなりません。

 なお、もともと長期に使うことを考えて作られたくすりだけあって、問題となるような副作用はあまりありません。ただ、ザジテンやセルテクトなどは眠気を催すことがありますが、慣れてしまうと気にならないことが多いようです。

 アトピー性皮膚炎を例にとっていえば、かゆみをとめる効果が強いものはやはり眠気の副作用がでる率も少し高いので、一概に困った副作用だとはいえません。

 また、幼児にものみやすい製剤もかなりありますので、こういった面からも使ってみる価値のあるくすりだと思います。