医薬翻訳サービス

薬理学、生化学、統計学に精通した翻訳士が対応いたします

ガン細胞攻撃の引きがねを引くマクロファージ

 

 マクロファージはみずからガン細胞を攻撃しますが、このとき自分では分解しきれない抗原、つまりガン細胞のかけらを細胞膜の表皮から突き出して示します。

 マクロファージのこの働き(抗原提示)により、ヘルパーT細胞やB細胞に標的とすべき抗原が認識されます。これらの細胞による抗原認識は、ガン細胞に直接ぶつかることによっても行われますが、ガン細胞を捕食したマクロファージからの通報でより効率よく行われるのです。抗原を認識したヘルパーT細胞を介して、キラーT細胞やB細胞に伝わるルートもあると考えられますが、ヘルパーT細胞はガン細胞の顔を認識、記憶する際にマクロファージの示す”かけら”を利用しますから、抗原の認識にはやはりマクロファージの果たす役割が欠かせません。

 マクロファージはT細胞やB細胞にガン細胞の”かけら”を受け渡すとき、同時にインターロイキン-1と呼ばれるサイトカインを放出して、これらの細胞を刺激します。サイトカインというのは細胞内でつくられるさまざまな生理活性物質の総称ですが、免疫に関していう場合は主に、免疫細胞が抗原に反応して放出する免疫細胞同士が情報を伝え合う言語のような物質のことをいいます。

 マクロファージの分泌するインターロイキン-1には、ヘルパーT細胞を活性化したり、B細胞の成熟を促したり、また骨髄中の幹細胞がT細胞やB細胞などに分化、増殖するのを促進したりする作用があります。

 インターロイキン-1に刺激されたヘルパーT細胞は、インターロイキン-2などのサイトカインを分泌します。

 インターロイキン-2にはキラーT細胞をふやして抗原への攻撃を開始したり、B細胞をふやして抗体ができるのを促進したり、またお返しにマクロファージの捕食力を高めたりする作用がありますが、ヘルパーT細胞は自分でもこの物質を利用してどんどん増殖し、攻撃体制を固めます。

 T細胞からはインターフェロン-yというサイトカインも分泌されますが、インターロイキン-2とインターフェロン-yはいずれもNK細胞を活性化する作用のあることもわかっています。

 インターロイキン-2で武装したマクロファージ、キラーT細胞、NK細胞にくらべると、B細胞はガン細胞への攻撃にあまり関与しないとされます。

 しかし、B細胞かつくる無数の抗体が標的に突き刺さると、オプソニン効果といって、その標的のまわりにマクロファージが集まることが知られています。オプソニンの語源は「美味にする」という意味のギリシヤ語で、抗体の刺さった標的はマクロファージの食欲をそそる好物となるのです。

 リンパ球同士のこのような連係プレーを支える縁の下の力持ちがヘルパーT細胞であり、ヘルパーT細胞の放出するインターロイキン-2ですが、インターロイキン-2の放出はすでにみたように、マクロファージの放出するインターロイキン-1がヘルパーT細胞を刺激することによって促進されるのです。

 リンパ球による特異的免疫反応(標的を認識して正確にねらいを定め攻撃を仕掛ける免疫反応)の引きがねは、マクロファージの手で引かれるというわけです。