医薬翻訳サービス

薬理学、生化学、統計学に精通した翻訳士が対応いたします

乳糖不耐症の人でもヨーグルトは大丈夫

 

 

 食物繊維、特に水溶性繊維は腸内に住んでいる乳酸菌をふやします。そこへ乳酸菌を含む食べ物をとって援軍を送り込めば、乳酸菌の勢力はさらに増します。

 食物繊維と乳酸菌。このコンビを毎日の食卓の習慣とすれば、腸内菌叢を乳酸菌優勢に保ち、免疫力の衰えを防ぐことにつながると思われます。

 こうした効果を期待するためには、生きたまま腸内に到達することができる種類の乳酸菌を選んでとることがたいせつです。

 乳酸菌は自然界のいたるところにいます。空気中にも、大地にも、買ってきた野菜にも、私たちの手にも付着して生きています。古来、人々は自然のなかにいる乳酸菌が食べ物の腐敗を防ぐことを見いだし、いろいろな発酵食品を工夫してきました。

 たとえば肉を塩漬け後に乳酸発酵させ、保存性を高めたものにサラミ、ペパロニなどのいわゆるドライソーセージや、プロシュート、スミスフィールドなどの生ハムがあります。このように塩と天然の乳酸菌で肉や魚を保存する方法は、約2000年前の弥生時代に大陸からわが国にも伝えられていたといわれます。野鳥や鹿の肉を、乳酸菌や酵母を含む麹と塩に漬け込んだ肉比之保や、魚を漬けこんだ魚比之保は一種の塩辛のようなもので、この比之保からやがてわが国の風土に合ったしょうゆが生まれます。今日でも残る秋田県の塩魚汁やタイ料理のナムプラーなどは魚比之保の流れをくむものです。

 奈良時代の書物には、すしの原型である熟鮨が記載されています。すしもルーツをたどれば、今日のような新鮮な魚を酢めしとともに握るものではなく、魚貝とめしに重しをして乳酸発酵させた保存食だったのです。

 野菜の保存にも、乳酸菌が利用されてきました。いうまでもなく、漬け物です。

 欧米のサワークラウトやピクルスはキャベツやきゅうりなどの「酢漬け」として紹介されることがありますが、本来は酢を使わず、塩漬けにした野菜を乳酸発酵させ、酸味で塩味を丸くした漬け物です。韓国のキムチ、中国のザーサイ、日本のぬかみそ漬け、たくあんなども、いずれも野菜についている天然の乳酸菌を発酵に利用したものです。最も古い京漬物とされるすぐきは塩漬け後に温度の高い室に入れて乳酸発酵を促すので、特に酸味が強く、乳酸菌を多く含むといわれます。

 これらの食品に含まれる乳酸菌は多かれ少なかれ、私たちの腸にも住みつくことができます。おそらく長い食の歴史のなかで、人間のおなかと相性のいい菌になったのでしょう。しかし、同時にもうお気づきのように、これらの食品は腐敗菌の繁殖を防ぐのに塩の助けを借りるため、多量の塩分を含みます。乳酸菌をとるためにたとえば漬け物をたくさん食べるといったことは、食卓の塩分濃度が薄まって胃ガンが減った、時の流れに逆行することにもなりかねないのです。

 牛やヤギなどの乳を乳酸発酵させてつくるバターやチーズももとは一種の保存食で、塩分が多く、また脂肪が多い点も気にかかります(バターには牛乳からとり出したクリームを発酵させたものと発酵させないものがあり、日本のバターのほとんどは後者で、乳酸菌を含みません)。

 こうしてみると、乳酸菌を利用した発酵食品のなかで、例外的に塩分をほとんど含まず、生きた乳酸菌を効率よくとれるのがヨーグルトなのです。

 市販のヨーグルトには、プレーンヨーグルトのほかに、甘味料・果汁・果肉・香料などを加えたハードヨーグルト、ソフトヨーグルト、ドリンクヨーグルト、フローズンヨーグルトなどの種類がありますが、「はっ酵乳」と表示されたものなら、生きた乳酸菌を含んでいます。ただし、ブルガリクス菌、サーモフィルス菌など、腸のなかでは生きられない菌を使用した商品もあるので、できればメーカーにその点を問い合わせてから買い求めたいものです。

 牛乳を飲むと、よくおなかがゴロゴロして下痢をする人がいますが、これは乳糖不耐症といって、ラクターゼという消化酵素の小腸での分泌が少ない人にみられる症状です。牛乳に含まれる乳糖は小腸でラクターゼによって分解、吸収されますが、この食品中に含まれ、ヒトの腸内でも生きられる乳酸菌は酵素が少ない人は乳糖が小腸で分解されずに、いきなり大腸で腸内菌によって分解されるため、多量の炭酸ガスや乳酸がつくられ、下痢や腹痛を起こすのです。

 日本人の4~5人に1人がこの乳糖不耐症といわれますが、ヨーグルトなら心配ありません。乳酸菌が乳糖の一部をすでに分解しているうえに、生きた乳酸菌の持っているラクターゼが小腸での乳糖の分解を助けてくれるためです。

 また、牛乳は日本人に最も不足しているカルシウムの重要な摂取源ですが、ヨーグルトでとれば、その吸収がより高まります。生きた乳酸菌のつくる乳酸が、腸内をカルシウムの吸収に都合のよい弱酸性の環境にするからです。

 どうしてもヨーグルトが口に合わないというかたには「乳製品乳酸菌飲料」をおすすめします。市販の乳酸菌飲料には「乳製品乳酸菌飲料」と「乳酸菌飲料」がありますが、後者は主に乳酸菌のつくる風味を楽しむ飲み物で、前者ほど乳酸菌は多くありません。「乳製品乳酸菌飲料」と表示のあるものには生菌の入った商品と加熱殺菌した商品とがあり、前者を選べば、ヨーグルトほど栄養価はないものの、生きた乳酸菌を手軽にとれるのが長所です。

 日本人が発酵乳製品を知ったのは古く、飛鳥時代にまでさかのぼるといわれます。第60代の醍醐天皇(885~930)の名前や今日でも使われる「醍醐味」という言葉は、仏教の経典『涅槃経』に「牛より乳を出し、乳より酪を出し、酪より生酥を出し、生酥より熟酥を出し、熟酥より醍醐を出す。醍醐は最上なり。もし服する者あらば、衆病皆除く。あらゆる諸薬のことごとくその中に入るがごとく、仏もまたかくのごとし」とあるのに由来しています。

 涅槃(解脱の境地)に至る道が乳製品の製造にたとえて説かれているのですが、醍醐はめざすべき涅槃に対応するのですから、簡単には手に入らなかった食べ物だろうと推測されます。酪は練乳または乳をあたためたもの、酥は粗製バター、醍醐はおそらくチーズに当たるものと考えられています。

 また、醍醐と音の通じる「ダーヒ」と呼ばれる一種のヨーグルトが今日でもインドやネパールに伝わり、すべての乳製品はこのダーヒからつくられていることから、酪はヨーグルト、醍醐はヨーグルトを濃縮したもち状の食べ物とする説もあります。

 当時の日本人の多くがその味さえ知らなかった「醍醐味」を私たちは毎日味わい、「衆病皆除く」とまではいかないまでも、ガンを防ぐその効果が明らかになってきたのです。