医薬翻訳サービス

薬理学、生化学、統計学に精通した翻訳士が対応いたします

赤鼻や赤ら顔もすぐ治る

 色素レーザーができたお陰で、赤鼻や赤ら顔などが、すぐ治せるようになりました。アザよりもはるかに簡単で、毛細血管はほとんど一回でよくなりますが、数回かかる場合も
あります。赤鼻も数回の治療が必要です。

 治療法は、まず、毛細血管のなかでも太いものに炭酸ガスレーザーを当てます。レーザーを当てられた血管はすぐに細くなりますから、あとは全体的に赤くなっている部位に、色素レーザーを当てて治療します。この症状は、色素レーザーと炭酸ガスレーザーの併用によって治療するのがもっとも効果的です。

 先日も四十代の歯医者の先生が治療をしました。鼻の頭に毛細血管が浮き出ていて、渦を巻いていました。歯医者さんは患者さんに顔を近づけて治療することが多いために、
赤い鼻だと嫌な顔をされるとか。本人はまったくお酒を飲まないのに、お酒を飲みながら治療されては嫌だと、患者さんに直接いわれたこともあったそうです。

 外見上の問題だけでなく、仕事のうえでも障害になるのでは大変です。赤鼻や赤ら顔は、ともするとアルコール中毒と間違えられたりすることもあり、この際、すっきりと治療しておけば気分もいいでしょう。

 この先生の場合、たった四、五分の治療で治りました。これで大丈夫と、さわやかな笑顔を見せて帰られました。

 最近では、女性だけでなく男性の患者さんが赤ら顔の治療に来られます。色素レーザーで、簡単に治療できるようになったものの一つです。