医薬翻訳サービス

薬理学、生化学、統計学に精通した翻訳士が対応いたします

ニキビあとの赤みも簡単に消える

 

 ニキビあとの赤みを消したいという患者さんは、中・高校生にもっとも多いのですが、なかには二十代の女性もいます。先日も二十六歳のOLでしたが、化粧してもニキビあとが赤く点々と盛り上がるのでみっともないといいます。また、二十五歳を過ぎてから赤いブッブツがあると、会社の上司や同僚にバカにされるのだそうです。

 「おはよう、ニキビ増えたね」とか「まだ、ニキビ? 恋人いないの」など、無神経な男性のことばに、彼女はこれまでどれだけ傷ついてきたことでしょう。

 この患者さんは、その場で皮膚のテストをしてみて大丈夫だったので、色素レーザーの強さをコントロールしてから、すぐに治療しました。一回だけでかなり薄くなって、喜んで帰っていったそうです。彼女のようにひどくなければ、一回の治療で効果が高いのですが、この方はすっかりきれいになるまであと二回来院しています。