医薬翻訳サービス

薬理学、生化学、統計学に精通した翻訳士が対応いたします

白目のホクロ

 白目のなかにあるホクロがとても気になるけれど、目が見えなくなるのでは、とか、視力に影響があるのではと怖かっていませんか。

 そんな心配はまったくいりません。実は、白目のホクロは粘膜についているため取れやすく、皮膚よりも簡単なのです。

 白目のホクロの治療は、レーザーのなかでもっとも弱いレベルのものを当てます。その後ですぐ綿棒で拭いますと、取れてなくなります。秒数は20分の1秒、強さは2ワット止まりです。

 レーザーの光はまっすぐの光で、周りにぜったい拡散しない性質をもっています。また、赤いパイロットランプがついていて、レーザーがでる位置がきっちりと指定されています。

 必要のない場所に光は当たりませんから安心してください。

広告を非表示にする