医薬翻訳サービス

薬理学、生化学、統計学に精通した翻訳士が対応いたします

食物アレルギーを徹底解説:除去食、DSCG(経ロクロモグリク酸ナトリウム)

 

 食物が、アレルギー学的・免疫学的な機序により、生体に不都合な反応を起こすことを食物アレルギーという。非アレルギー学的な機序による場合は、食物不耐症という。

 症状は、皮膚(蕁麻疹、湿疹、アトピー性皮膚炎)、消化器(口内掻痒感、咽頭不快感、嘔気、腹痛、嘔吐、下痢)、呼吸器(喉頭浮腫、呼吸困難、喘鳴)など、多臓器にわたる。

 食物アレルギーが成立するためには、まずアレルゲンを含む食物を経口摂取することから始まり、その食物が腸管に達したのちに血液やリンパ管に入ることが必要である。食物中の蛋白質が、すべてアミノ酸に消化されてしまえばアレルギー反応は起こり得ない。ところが、ごく一部の食物アレルゲンは消化を受けずに吸収され、アレルギー反応を惹起する。これに対して生体は、分泌型lgAや抑制性T細胞などの系でこのようなアレルギー反応が起こらないようにする防衛機能を有している。したがって、このような消化・分泌型lgA、抑制性T細胞による防衛機能が低下していると、食物アレルギーが起こりやすくなる。

 lgEと肥満細胞の系から生じるヒスタミンなどのケミカルメディエーター

 (即時型アレルギー反応)で起こる反応と、数時間遅れて肥満細胞から分泌されるサイトカインで起こる遅発型反応がある。最近の研究により、食物アレルゲン(卵白、ミルク)と接触したTリンパ球の表面にはCLAというホーミングリセプターが発現し、 CLAと結合する接着分子の発現した皮膚の血管に接着し、Tリンパ球が皮下組織ヘリクルートされることにより、皮膚で症状が発症するという可能性が明らかとなっている。

 

1……診断
1)問診
 患者あるいは家族が、症状が食物アレルギーによるものだと自覚していればアレルゲンの特定も容易であるが、症状が食物アレルギーによるものだとは自覚されていない場合は、上手に聞き出すことがすべての鍵を握っている。

2)アレルゲン検査

 アレルゲンブリックテストやIgE-RASTなどにより、アレルゲンを特定する。

3)除去・負荷試験

 症状のある時に、可能性のある食物を除去してみて症状が消失するかどうかを検討する。また、まったく症状の消失している状態で、可能性のある食物を負荷してみて症状が再現できるかどうか負荷後48時間よく観察する。

2……治療

1)除去食

 アレルゲンを含む食品を除去する。どこまで厳格に除去するかは、年齢、症状、消化力、 RASTスコア値、アレルゲンブリック、lgA値などの因子を考慮に入れて判断する。

2)DSCG(経ロクロモグリク酸ナトリウム)

 除去食が他品目にわたる場合や除去困難な場合、1日3~4回食前20分に内服する。肥満細胞からのケミカルメディエータ一の放出を抑制する作用がある。

3)抗アレルギー剤

 特に皮膚の痒みのある症例では、抗ヒスタミン作用のある抗アレルギー剤を継続的に内服する。アナフィラキシー症状を呈しか症例では、緊急時に備えて常備しておくことが大切である。症状出現時にできるだけ早く抗ヒスタミン剤を内服することが、アナフィラキシー症状を最小限に押さえることにつながる。

3……特殊なタイプ

1)食餌依存性運動誘発性アナフィラキシー

 食物摂取や運動をそれぞれ単独でしたのでは何も起こらないが、ある特定の食物を摂取したのち3時間以内にある量の運動を負荷すると、蕁麻疹、気管支喘息、呼吸困難、アナフィラキシーショックが起こる。

 アレルゲンとしては小麦やエビが多いが、イカや力二の報告もある。運動は、歩行のような運動量の少ないものから、ランニング、バスケット、テニス、バドミントンなど激しい運動までさまざまである。運動をすることにより、消化管からのアレルゲン吸収が増加するためと考えられている。原因不明の失神発作やショックを起こした症例、頻回に救急車で搬送された経験のある症例では本症を疑ってみるべきである。小麦を含む食品には、カレーライス、お好み焼き、サンドウィッチ、フライもの(パン粉・小麦粉)、うどんなど多品目が含まれるので、問診が大事である。

2)口腔アレルギー症候群(OAS:Oral allergy syndrome)

 ある特定の果物・野菜を摂取して数分後、口腔、咽頭、口唇、舌の痒み・腫脹が起こる。まれに喉頭浮腫、アナフィラキシーが起こることもある。花粉症に関係したoAsでは、まず花粉に感作されたのち、その花粉と共通抗原を有する果物・野菜にlgEを介した即時型アレルギー反応が起こるようになる。花粉症が関係しないものでは、ある特定の果物・野菜に直接感作されることにより、他の一群の食物にoAsを発症する。また、ラテックスアレルギーに関連したものもある。


○除去食の必要な症例では、誤食のないよう万全を期す。

○消化管の未熟な乳児では、 RAST高値ということ、その食品を食べるとアレルギー症状が出現するということの一致率が高いが、成長するにともない消化管が成熟し、 RASTが高値であっても実際にその食品を食べても症状が出ない頻度が増加する。

乳児で多品目の除去食をしている場合は、体重増加に注意する。むやみに厳格な除去食を行うと栄養障害が起こる。