医薬翻訳サービス

薬理学、生化学、統計学に精通した翻訳士が対応いたします

プラシーボ(偽薬)効果と二重盲検試験について

 薬が効果を発揮するのは、その薬理作用による。そこで厚生労働省に薬として認めてもらうためには、クスリ候補に薬理作用のあることを証明しなければならない。だが、単にクスリ候補を与えて病気が治った症例だけでは、薬理作用の証明にはならない。なぜなら薬理作用のないものでも、薬としての効果を発揮することがあるからだ。

 たとえば、信頼している医師から「よく効く薬」といわれて飲むと、本来の作用以上によく効いたり、まったく薬理作用のないデンプンでも効果を現すことがある。こうした暗示や心理的影響による効果をプラシーボ(偽薬)効果といい、このプラシーボ効果を除くのが「二重盲検試験」である。

 まずクスリ候補(実薬)と、実薬と外観は同じだが薬理作用のないもの(プラシーボ)を用意する。統計の専門家がこの二つを無作為に順序づけ(割り付け)、記録を保存する。こうして実薬かプラシーボかわからないものが医師に送られ、患者に投薬される。投薬後、医師は有効・無効を判定し、全症例の結果が出てから割り付け表が公開される。