医薬翻訳サービス

薬理学、生化学、統計学に精通した翻訳士が対応いたします

医療廃棄物処理の実際

 医療機関から出るゴミは、廃棄物処理法によって規制されてはいたが、この法律には一般廃棄物と産業廃棄物の区分しかなく、原則的には医療機関が自分で処分することになっていた。とはいうものの、大きな医療機関では量的に自己処理は困難であるから、実際には自治体によるゴミ収集によって処理されていた。

 医療機関からは注射の針、血液のついたガーゼ・脱脂綿など、感染のおそれのあるゴミが出る。ゴミ収集中に、自治体の清掃部門の職員が誤って針を刺す事故が各地で発生し、B型肝炎C型肝炎、さらにはエイズなどの感染のおそれも指摘され始めた。

 そこで一九八八年、厚生省(現厚生労働省)は「医療廃棄物処理対策検討会」を設けて対策に乗り出し、翌年「医療廃棄物処理ガイドライン」がまとめられた。

 このガイドラインでは、医療機関から出るゴミを「医療廃棄物」とし、このうち感染するおそれのあるゴミを「感染性廃棄物」としてその廃棄の方法を定めている。

 一九九一年、廃棄物処理法が改正され、医療機関から出る血液の付着した注射針、ガーゼなど感染のおそれのあるゴミは「特別管理廃棄物」に指定された。この法律の特徴は、マニフェスト(積荷目録)制の導入で、特別管理廃棄物は、その種類、量、性状、取扱方法などを告知し、処理業者から適正に処理されたことを証明するマニフェストで確認することになっている。これは感染性のゴミを出した医療機関が、ゴミが最終処理されるまでの責任を負うことを意味している。

 こうして感染性ゴミの処理方法は確立したが、廃棄物処理業者の数が少なく、設備も十分でないことが心配されている。

【特例許可老人病院】65歳以上の高齢者が、入院患者の60%以上を占め、一般の慢性疾患患者を加えると7O%以上になる病院。病院が申請すれば、ナースの数は一般病院より少なくていい。